お客様が惹きつけられる看板のデザイン

キャッチフレーズやロゴマークが表記され、企業の顔といっても過言ではない看板。コンビニ、飲食店など、見ただけであの企業だとわかるものがたくさんあります。デザインが良いと、表記されている企業、商品を人々の心に印象づけ、集客につながるかもしれません。では、お客様を惹きつける看板をデザインするにはどうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、作成のデザインにおけるポイントについて、ご紹介します。まず、最も重要となるポイントが色です。色には様々な心理的効果があるため、理解しておくと役立つかもしれません。例えば、赤色には情熱や興奮のイメージがあります。この効果を利用して、企業名を赤色に表記することで、見た人に対し、企業がもつ情熱を伝えることができます。

良いデザインには色の組み合わせが欠かせません

注目されやすい色があるというのをご存知でしょうか。基本的に暖かい色ほど注意を惹きつけ、冷たい色になるほど目立たなくなります。この内容を踏まえた上で、使用する色を決めると印象に残りやすいデザインを作ることが可能です。かといって、赤色や黄色など目立つ色ばかりを使えばよいというわけではありません。そこで、重要になってくるのが読みやすくするための、色の組み合わせ。色には相性があります。赤と緑、黄色と紫など、混ぜると灰色になる色を補色といいます。この補色関係の組み合わせは強い印象を与える一方で、色に注目が集まってしまい、文字に目がいかないため、記憶に残りません。そのため、組み合わせとしては黄色と緑、赤と紫など、近い色同士を使用すると、自然な印象の看板が出来ます。

読みやすく理解しやすいことも大切です

サイズ上、長々と文章を表記することが出来ないため、キャッチフレーズをのせると端的に、企業または商品の特徴を伝えやすくなります。良いキャッチフレーズを作るためには、なるべく短い言葉で、企業の特徴を現すことが必要です。加えて、文字のサイズです。全て同じサイズではどこが一番重要なのかがわかりません。企業名、ロゴマークを始め、伝えたいポイントはどこかをしっかり決めた上で全体のバランスをとりましょう。また、文字をほとんど表記せず、写真やイラストに企業名だけを表記したものも多く存在します。写真やイラストは文字に比べ、見ただけで理解できるため、こういった方法を使用してみるのも良いかもしれません。総じて、人を惹きつけるには、すぐに理解でき印象に残るよう、受け入れやすいデザインである必要があります。