応援幕を手間なしで作成依頼

応援幕は応援団にとって必須となるものです。大きくて目立つので選手の励みにもあります。また、スタジアムなどを賑やかにしてくれ雰囲気を作ってくれます。しかし、製作するのは大変です。自分達で作るとなるとペンキに製作場所、大きな布などを用意しなければなりません。見栄え良くするにはそれなりのセンスも必要です。社会人であればそんな暇がない人もたくさんいることでしょう。そんな人の味方になってくれるのがプロの応援幕です。今は競争が激しくなっていますし、WEB上で製作依頼することができるので安くしかも早く仕上げてもらうことが可能です。まずは無料の見積もりをお願いし、各社比較してサービスがいいところにお願いしてみましょう。繋ぎ目なしのものも依頼可能です。同じデザインのグッズをついでに依頼することもできるので、あちこちに依頼する手間も省けます。

何気なく見ている応援幕の効果

何気なく市役所の前を通ると、街出身のスポーツ選手が有名大会への出場が決定したお祝いと大会での健闘を祈る旨の文言を書いた応援幕を見ることがあります。学校にも、有名な出身者の活躍を祈るものや、在籍生徒の体育大会や文化大会での健闘を祈る幕を見ることがあります。また、全国大会などの大きな大会に街出身者の人が出場するとなると、街の有志の人が制作したと思われる応援幕が道路沿いに大きく掲げられていることもあります。何気なく見ているだけですが、同じ街出身者ということで、親近感が湧きますし、興味が湧いてきます。もし、テレビで放送されるような大会なら、同じ地元ということで、特別に応援してしまいますし、結果も気になります。街全体で、応援している状態になります。また、応援される側も、皆の応援を感じるでしょう。応援幕にはそのような効果もあるのです。

応援幕でエールを送ること

私が応援幕を作ったのは、大好きなある競走馬へのエールの為でした。新馬の頃から応援していた馬でした。重賞を勝って、これからという時に怪我をして休養してしまいました。手作りは難しいので、オーダーで作りました。思ったより安く出来ました。復帰戦は人気を落し、勝てる確率は少なかったけれど、無事にゴールして欲しいと願いました。馬に文字は読めないけど、気持ちは伝わる気がしました。パドックの一番良い場所に付ける為に、並んで開門と同時に走りました。パドックを周回する時に、馬と視線が合いました。頑張れと言いました。レースは3着でした。着順より、無事にゴールしてくれて嬉しかったです。結局、引退するまで勝つことは出来ませんでした。でも、あのレースで頑張ってくれたのは、横断幕への感謝の気持ちだったのかなと勝手に思っています。